無料スクリプト配布のPHP.TO   PHPの実用的なtips PHPマニュアル MySQLマニュアル Apacheマニュアル PostgreSQLマニュアル マニュアル検索    

DROP AGGREGATE

名前

DROP AGGREGATE -- 集約関数を削除する

概要

DROP AGGREGATE [ IF EXISTS ] 

name

 ( 

argtype

 [ , ... ] ) [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP AGGREGATE を実行すると、既存の集約関数定義を削除することができます。 このコマンドを実行するには、現在のユーザがその集約関数を所有している必要があります。

パラメータ

IF EXISTS

集約が存在しない場合でもエラーになりません。 この場合注意メッセージが発行されます。

name

既存の集約関数の名前です(スキーマ修飾名も可)。

argtype

集約関数の操作対象となる入力データ型です。 引数を持たない関数を参照する場合は、入力データ型の一覧の場所に * を記述してください。

CASCADE

その集約関数に依存しているオブジェクトを自動的に削除します。

RESTRICT

依存しているオブジェクトがある場合、その集約関数の削除要求を拒否します。 こちらがデフォルトです。

integer 型の myavg 集約関数を削除します。

DROP AGGREGATE myavg(integer);

互換性

標準SQLには、 DROP AGGREGATE 文はありません。

関連項目

ALTER AGGREGATE , CREATE AGGREGATE

powered by SEO.CUG.NET