無料スクリプト配布のPHP.TO   PHPの実用的なtips PHPマニュアル MySQLマニュアル Apacheマニュアル PostgreSQLマニュアル マニュアル検索    

34.31. key_column_usage

key_column_usage ビューは、現在のデータベースにおいて、ある一意性制約、プライマリキー制約、外部キー制約によって制限を受けている全ての列を識別します。 検査制約はこのビューには含まれません。 現在のユーザが所有者である、または何らかの権限を持ち、アクセスできるテーブル内のこうした列のみがここに示されます。

表 34-29. key_column_usage の列

名前 データ型 説明
constraint_catalog sql_identifier 制約を持つデータベースの名前です。(常に現在のデータベースです。)
constraint_schema sql_identifier 制約を持つスキーマの名前です。
constraint_name sql_identifier 制約の名前です。
table_catalog sql_identifier この制約によって制限を受ける列を持つテーブルを持つデータベースの名前です。 (常に現在のデータベースです。)
table_schema sql_identifier この制約によって制限を受ける列を持つテーブルを持つスキーマの名前です。
table_name sql_identifier この制約によって制限を受ける列を持つテーブルの名前です。
column_name sql_identifier この制約によって制限を受ける列の名前です。
ordinal_position cardinal_number 制約キー内の列の位置を(1から始まる)序数で表したものです。
position_in_unique_constraint cardinal_number 外部キー制約では、一意性制約内部の被参照列の位置の序数(1から始まります)です。 その他の場合はNULLです。

powered by SEO.CUG.NET