無料スクリプト配布のPHP.TO   PHPの実用的なtips PHPマニュアル MySQLマニュアル Apacheマニュアル PostgreSQLマニュアル マニュアル検索    

9.4. 文字列関数と演算子

本節では文字列の値の調査や操作のための関数と演算子について説明します。 ここでの文字列とは character データ型、 character varying データ型、および text データ型の値を含みます。補足説明のない限り、下記に挙げている全ての関数はこれら全てのデータ型に対して使用できますが、 character データ型を使用した場合、自動的に空白文字がパッドされるという潜在的作用がありますので注意してください。バイナリ列データ型にたいしてもともとから存在するいくつかの関数もあります。

SQL では引数の区切りにカンマではなくキーワードを使用する文字列関数をいくつか定義しています。 詳細については 表9-5 を参照してください。 また PostgreSQL は、これらの関数に対して通常の関数呼び出し構文を使用するバージョンを提供します( 表9-6 を参照してください)。

注意: PostgreSQL 8.3以前において、これらの関数はいくつかの非文字列データ型の値を警告なしに受け付けたのは、それらデータ型を暗黙的に text 型に型変換していたことによります。この強制的な変換は、頻繁に予期しない動作の原因となったので削除されました。しかし、文字列連結演算子( || )は 表9-5 で示されるように、少なくともひとつの入力が文字列型であれば、依然として非文字列入力を受け付けます。その他の場合、以前と同じ動作を期待するのなら、 text への明示的な変換を行ってください。

表 9-5. SQL 文字列関数と演算子

関数 戻り値型 説明 結果
string || string text 文字列結合 'Post' || 'greSQL' PostgreSQL
文字列 || 非文字列 または、 非文字列 || 文字列 text ひとつの非文字列のある入力の文字列結合 'Value: ' || 42 Value: 42
bit_length( string ) int 文字列中のビット数 bit_length('jose') 32
char_length( string ) または character_length( string ) int 文字列中の文字数 char_length('jose') 4
lower( string ) text 文字列を小文字に変換 lower('TOM') tom
octet_length( string ) int 文字列中のバイト数 octet_length('jose') 4
overlay( string placing string from int [ for int ]) text 部分文字列の置換 overlay('Txxxxas' placing 'hom' from 2 for 4) Thomas
position( substring in string ) int 指定した部分文字列の場所 position('om' in 'Thomas') 3
substring( string [ from int ] [ for int ]) text 部分文字列の取り出し substring('Thomas' from 2 for 3) hom
substring( string from pattern ) text POSIX正規表現に一致する副文字列を取り出します。パターンマッチに関してより詳細は、 項9.7 を参照してください。 substring('Thomas' from '...$') mas
substring( string from pattern for escape ) text SQL 正規表現に一致する部分文字列を取り出します。パターンマッチに関してより詳細は、 項9.7 を参照してください。 substring('Thomas' from '%#"o_a#"_' for '#') oma
trim([ leading | trailing | both ] [ characters ] from string ) text characters (デフォルトでは空白)で指定された文字のみを含む最も長い文字列を、 string の先頭、末尾、そしてその両方から削除します。 trim(both 'x' from 'xTomxx') Tom
upper( string ) text 文字列を大文字に変換 upper('tom') TOM

この他、 表9-6 に列挙する文字列操作関数が使えます。そのいくつかは、 表9-5 で一覧した標準 SQL の文字列関数を実装するため、内部的に使用されます。

表 9-6. その他の文字列関数

関数 戻り値型 説明 結果
ascii( string ) int 引数の最初の文字の ASCII コード。 UTF8 に対しては文字のUnicodeコードポイントを返します。その他のマルチバイト符号化方式の場合、引数は ASCII 文字でなくてはなりません。 ascii('x') 120
btrim( string text [ , characters text ]) text characters (デフォルトは空白文字)で指定された文字のみを有する最長の文字列を、 string の先頭と末尾から削除します。 btrim('xyxtrimyyx', 'xy') trim
chr( int ) text 与えられたコードの文字。 UTF8 では引数はUnicodeコードポイントとして扱われます。その他のマルチバイト符号化方式で引数は ASCII 文字である必要があります。 NULL (0)文字はテキストデータ型がそのようなバイトを格納することができないので許可されません。 chr(65) A
concat( str "any" [, str "any" [, ...] ]) text すべての引数の結合。ただしNULLは無視される。 concat('abcde', 2, NULL, 22) abcde222
concat_ws( sep text , str "any" [, str "any" [, ...] ]) text 第一引数を区切り文字とし、残りのすべての引数を結合する。最初の引数は区切り文字列として使われる。NULLは無視される。 concat_ws(',', 'abcde', 2, NULL, 22) abcde,2,22
convert( string bytea , src_encoding name , dest_encoding name ) bytea 文字列を dest_encoding に変換します。元の符号化方式は src_encoding で指定されます。 string はこの符号化方式で有効でなければなりません。変換は CREATE CONVERSION で定義されます。有効な変換については 表9-7 を参照してください。 convert('text_in_utf8', 'UTF8', 'LATIN1') Latin-1(ISO 8859-1)符号化方式の text_in_utf8
convert_from( string bytea , src_encoding name ) text データベースの符号化方式に文字列を変換します。元の符号化方式は src_encoding で指定されます。 string はこの符号化方式で有効なものでなければなりません。 convert_from('text_in_utf8', 'UTF8') 現在のデータベース符号化方式の text_in_utf8
convert_to( string text , dest_encoding name ) bytea 文字列を dest_encoding に変換します。 convert_to('some text', 'UTF8') UTF8符号化方式の some text
decode( string text , format text ) bytea string からバイナリデータを復号します。オプションの format encode() と同じです。 decode('MTIzAAE=', 'base64') \x3132330001
encode( data bytea , format text ) text バイナリデータをテキスト表現形式に符号化します。サポートされている形式は、 base64 hex escape です。 escape は0バイトと最上位ビットがセットされているバイトを8進数のシーケンス( \ nnn )に変換し 、バックスラッシュを二重化します。 encode(E'123\\000\\001', 'base64') MTIzAAE=
format ( formatstr text [, formatarg "any" [, ...] ]) text 引数の書式をフォーマット文字列に従って整えます。 この関数はC言語関数の sprintf と似ています。 項9.4.1 を参照してください。 format('Hello %s, %1$s', 'World') Hello World, World
initcap( string ) text それぞれの単語の第一文字を大文字にし、残りは小文字のまま残します。ここで単語とは、英数字以外の文字で区切られた、英数字からなる文字の並びのことです。 initcap('hi THOMAS') Hi Thomas
left( str text , n int ) text 文字列の先頭から n 文字を返します。 n が負数の場合、| n |の数だけ文字列の末尾から切り取った文字列を返します。 left('abcde', 2) ab
length( string ) int string 内の文字数 length('jose') 4
length( string bytea , encoding name ) int 与えられた encoding での string 内の文字数。 string はこの符号化方式で有効でなければなりません。 length('jose', 'UTF8') 4
lpad( string text , length int [ , fill text ]) text 文字 fill (デフォルトは空白文字)を文字列の前に追加して、 string length の長さにします。 string が既に length の長さを超えている場合は(右側が)切り捨てられます。 lpad('hi', 5, 'xy') xyxhi
ltrim( string text [ , characters text ]) text string の最初から、 characters (デフォルトはスペース)で指定された文字だけを有する最長の文字列を削除します。 ltrim('zzzytrim', 'xyz') trim
md5( string ) text string のMD5ハッシュを計算し、16進数で結果を返します。 md5('abc') 900150983cd24fb0 d6963f7d28e17f72
pg_client_encoding() name 現在のクライアントの符号化方式の名前。 pg_client_encoding() SQL_ASCII
quote_ident( string text ) text 与えられた文字列を、 SQL 問い合わせ文字列で識別子として使用できるように、適切な引用符を付けて返します。引用符は、必要な場合(例えば、文字列に識別子として使用できない文字が含まれる場合や、大文字変換される場合)にのみ追加されます。埋め込まれた引用符は、適切に二重化されます。 例40-1 も参照してください。 quote_ident('Foo bar') "Foo bar"
quote_literal( string text ) text 与えられた文字列を、 SQL 問い合わせ文字列で文字リテラルとして使用できるように、適切な引用符を付けて返します。埋め込まれた単一引用符およびバックスラッシュは、適切に二重化されます。 quote_literal はNULL入力に対してNULLを返すことに注意してください。引数がNULLとなる可能性がある場合、より quote_nullable の方がしばしば適しています。 例40-1 も参照してください。 quote_literal(E'O\'Reilly') 'O''Reilly'
quote_literal( value anyelement ) text 与えられた値をテキストに強制し、そしてリテラルとして引用符付けします。組み込まれた一重引用符と逆スラッシュは適切に二重化されます。 quote_literal(42.5) '42.5'
quote_nullable( string text ) text 与えられた文字列を、 SQL 問い合わせ文字列で文字リテラルとして使用できるように、適切な引用符を付けて返します。 また、引数がNULLの場合、 NULL を返します。 埋め込まれた単一引用符およびバックスラッシュは適切に二重化されます。 例40-1 も参照してください。 quote_nullable(NULL) NULL
quote_nullable( value anyelement ) text 与えられた値をテキストに強制し、そしてリテラルとして引用符付けします。そうでないと、引数がNULLの場合は NULL を返します。埋め込まれた単一引用符とバックスラッシュは適切に二重化されます。 quote_nullable(42.5) '42.5'
regexp_matches( string text , pattern text [, flags text ]) setof text[] string に対してPOSIX正規表現でマッチし、捕捉されたすべての部分文字列を返します。より詳細は 項9.7.3 を参照してください。 regexp_matches('foobarbequebaz', '(bar)(beque)') {bar,beque}
regexp_replace( string text , pattern text , replacement text [, flags text ]) text POSIX正規表現に一致する部分文字列を置換します。より詳細は 項9.7.3 を参照してください。 regexp_replace('Thomas', '.[mN]a.', 'M') ThM
regexp_split_to_array( string text , pattern text [, flags text ]) text[] POSIX正規表現を区切り文字に使って string を分割します。詳しくは 項9.7.3 を参照ください。 regexp_split_to_array('hello world', E'\\s+') {hello,world}
regexp_split_to_table( string text , pattern text [, flags text ]) setof text POSIX正規表現を区切り文字に使って string を分割します。詳しくは 項9.7.3 を参照ください。 regexp_split_to_table('hello world', E'\\s+') hello

world

(2 rows)
repeat( string text , number int ) text 指定された number の数だけ string を繰り返します。 repeat('Pg', 4) PgPgPgPg
replace( string text , from text , to text ) text string に出現する全ての from 部分文字列を to 部分文字列に置換します。 replace('abcdefabcdef', 'cd', 'XX') abXXefabXXef
reverse( str ) text 逆順にした文字列を返します。 reverse('abcde') edcba
right( str text , n int ) text 文字列の末尾から n 文字を返します。 n が負数の場合は、| n |の数だけ文字列の末尾から切り取った文字列を返します。 right('abcde', 2) de
rpad( string text , length int [ , fill text ]) text 文字 fill (デフォルトはスペース)を文字列に追加して、 string length の長さにします。 string が既に length の長さを超えている場合は切り捨てられます。 rpad('hi', 5, 'xy') hixyx
rtrim( string text [ , characters text ]) text string の末尾から、 characters (デフォルトはスペース)で指定された文字のみを有する最長の文字列を削除します。 rtrim('trimxxxx', 'x') trim
split_part( string text , delimiter text , field int ) text string delimiter で分割し、その結果から(1から始まるように数える)指定したフィールドを返します。 split_part('abc~@~def~@~ghi', '~@~', 2) def
strpos( string , substring ) int 指定した部分文字列の位置を特定します( position( substring in string ) と同じですが、引数の順序が逆になっていることに注意してください)。 strpos('high', 'ig') 2
substr( string , from [ , count ]) text 指定した部分文字列を取り出します( substring( string from from for count ) と同じです)。 substr('alphabet', 3, 2) ph
to_ascii( string text [ , encoding text ]) text string を他の符号化方式から ASCII に変換します。 LATIN1 LATIN2 LATIN9 WIN1250 符号化方式からの変換のみをサポートします。) to_ascii('Karel') Karel
to_hex( number int or bigint ) text number を、同等の16進数表現に変換します。 to_hex(2147483647) 7fffffff
translate( string text , from text , to text ) text from 集合で指定された文字と一致する string にある全ての文字は、それに対応する to で指定された文字に置き換えられます。 もし from to より長い場合、 from で指定される余分な文字に一致するものは削除されます。 translate('12345', '143', 'ax') a2x5

concat concat_ws および format 関数はVariadicです。従って、キーワード VARIADIC で標しをつけられた配列のように、値を連結またはフォーマットした形で受け渡すことが可能です( 項35.4.5 を参照してください)。 配列の要素は関数に対して分割された通常の引数のように扱われます。もしvariadic配列引数がNULLであれば、 concat および concat_ws はNULLを返しますが、 format はNULLを要素を持たない配列と扱います。

項9.20 内の string_agg 集約関数も参照してください。

表 9-7. 組み込みの変換

変換名 [a] 変換前の符号化方式 変換後の符号化方式
ascii_to_mic SQL_ASCII MULE_INTERNAL
ascii_to_utf8 SQL_ASCII UTF8
big5_to_euc_tw BIG5 EUC_TW
big5_to_mic BIG5 MULE_INTERNAL
big5_to_utf8 BIG5 UTF8
euc_cn_to_mic EUC_CN MULE_INTERNAL
euc_cn_to_utf8 EUC_CN UTF8
euc_jp_to_mic EUC_JP MULE_INTERNAL
euc_jp_to_sjis EUC_JP SJIS
euc_jp_to_utf8 EUC_JP UTF8
euc_kr_to_mic EUC_KR MULE_INTERNAL
euc_kr_to_utf8 EUC_KR UTF8
euc_tw_to_big5 EUC_TW BIG5
euc_tw_to_mic EUC_TW MULE_INTERNAL
euc_tw_to_utf8 EUC_TW UTF8
gb18030_to_utf8 GB18030 UTF8
gbk_to_utf8 GBK UTF8
iso_8859_10_to_utf8 LATIN6 UTF8
iso_8859_13_to_utf8 LATIN7 UTF8
iso_8859_14_to_utf8 LATIN8 UTF8
iso_8859_15_to_utf8 LATIN9 UTF8
iso_8859_16_to_utf8 LATIN10 UTF8
iso_8859_1_to_mic LATIN1 MULE_INTERNAL
iso_8859_1_to_utf8 LATIN1 UTF8
iso_8859_2_to_mic LATIN2 MULE_INTERNAL
iso_8859_2_to_utf8 LATIN2 UTF8
iso_8859_2_to_windows_1250 LATIN2 WIN1250
iso_8859_3_to_mic LATIN3 MULE_INTERNAL
iso_8859_3_to_utf8 LATIN3 UTF8
iso_8859_4_to_mic LATIN4 MULE_INTERNAL
iso_8859_4_to_utf8 LATIN4 UTF8
iso_8859_5_to_koi8_r ISO_8859_5 KOI8R
iso_8859_5_to_mic ISO_8859_5 MULE_INTERNAL
iso_8859_5_to_utf8 ISO_8859_5 UTF8
iso_8859_5_to_windows_1251 ISO_8859_5 WIN1251
iso_8859_5_to_windows_866 ISO_8859_5 WIN866
iso_8859_6_to_utf8 ISO_8859_6 UTF8
iso_8859_7_to_utf8 ISO_8859_7 UTF8
iso_8859_8_to_utf8 ISO_8859_8 UTF8
iso_8859_9_to_utf8 LATIN5 UTF8
johab_to_utf8 JOHAB UTF8
koi8_r_to_iso_8859_5 KOI8R ISO_8859_5
koi8_r_to_mic KOI8R MULE_INTERNAL
koi8_r_to_utf8 KOI8R UTF8
koi8_r_to_windows_1251 KOI8R WIN1251
koi8_r_to_windows_866 KOI8R WIN866
koi8_u_to_utf8 KOI8U UTF8
mic_to_ascii MULE_INTERNAL SQL_ASCII
mic_to_big5 MULE_INTERNAL BIG5
mic_to_euc_cn MULE_INTERNAL EUC_CN
mic_to_euc_jp MULE_INTERNAL EUC_JP
mic_to_euc_kr MULE_INTERNAL EUC_KR
mic_to_euc_tw MULE_INTERNAL EUC_TW
mic_to_iso_8859_1 MULE_INTERNAL LATIN1
mic_to_iso_8859_2 MULE_INTERNAL LATIN2
mic_to_iso_8859_3 MULE_INTERNAL LATIN3
mic_to_iso_8859_4 MULE_INTERNAL LATIN4
mic_to_iso_8859_5 MULE_INTERNAL ISO_8859_5
mic_to_koi8_r MULE_INTERNAL KOI8R
mic_to_sjis MULE_INTERNAL SJIS
mic_to_windows_1250 MULE_INTERNAL WIN1250
mic_to_windows_1251 MULE_INTERNAL WIN1251
mic_to_windows_866 MULE_INTERNAL WIN866
sjis_to_euc_jp SJIS EUC_JP
sjis_to_mic SJIS MULE_INTERNAL
sjis_to_utf8 SJIS UTF8
tcvn_to_utf8 WIN1258 UTF8
uhc_to_utf8 UHC UTF8
utf8_to_ascii UTF8 SQL_ASCII
utf8_to_big5 UTF8 BIG5
utf8_to_euc_cn UTF8 EUC_CN
utf8_to_euc_jp UTF8 EUC_JP
utf8_to_euc_kr UTF8 EUC_KR
utf8_to_euc_tw UTF8 EUC_TW
utf8_to_gb18030 UTF8 GB18030
utf8_to_gbk UTF8 GBK
utf8_to_iso_8859_1 UTF8 LATIN1
utf8_to_iso_8859_10 UTF8 LATIN6
utf8_to_iso_8859_13 UTF8 LATIN7
utf8_to_iso_8859_14 UTF8 LATIN8
utf8_to_iso_8859_15 UTF8 LATIN9
utf8_to_iso_8859_16 UTF8 LATIN10
utf8_to_iso_8859_2 UTF8 LATIN2
utf8_to_iso_8859_3 UTF8 LATIN3
utf8_to_iso_8859_4 UTF8 LATIN4
utf8_to_iso_8859_5 UTF8 ISO_8859_5
utf8_to_iso_8859_6 UTF8 ISO_8859_6
utf8_to_iso_8859_7 UTF8 ISO_8859_7
utf8_to_iso_8859_8 UTF8 ISO_8859_8
utf8_to_iso_8859_9 UTF8 LATIN5
utf8_to_johab UTF8 JOHAB
utf8_to_koi8_r UTF8 KOI8R
utf8_to_koi8_u UTF8 KOI8U
utf8_to_sjis UTF8 SJIS
utf8_to_tcvn UTF8 WIN1258
utf8_to_uhc UTF8 UHC
utf8_to_windows_1250 UTF8 WIN1250
utf8_to_windows_1251 UTF8 WIN1251
utf8_to_windows_1252 UTF8 WIN1252
utf8_to_windows_1253 UTF8 WIN1253
utf8_to_windows_1254 UTF8 WIN1254
utf8_to_windows_1255 UTF8 WIN1255
utf8_to_windows_1256 UTF8 WIN1256
utf8_to_windows_1257 UTF8 WIN1257
utf8_to_windows_866 UTF8 WIN866
utf8_to_windows_874 UTF8 WIN874
windows_1250_to_iso_8859_2 WIN1250 LATIN2
windows_1250_to_mic WIN1250 MULE_INTERNAL
windows_1250_to_utf8 WIN1250 UTF8
windows_1251_to_iso_8859_5 WIN1251 ISO_8859_5
windows_1251_to_koi8_r WIN1251 KOI8R
windows_1251_to_mic WIN1251 MULE_INTERNAL
windows_1251_to_utf8 WIN1251 UTF8
windows_1251_to_windows_866 WIN1251 WIN866
windows_1252_to_utf8 WIN1252 UTF8
windows_1256_to_utf8 WIN1256 UTF8
windows_866_to_iso_8859_5 WIN866 ISO_8859_5
windows_866_to_koi8_r WIN866 KOI8R
windows_866_to_mic WIN866 MULE_INTERNAL
windows_866_to_utf8 WIN866 UTF8
windows_866_to_windows_1251 WIN866 WIN
windows_874_to_utf8 WIN874 UTF8
euc_jis_2004_to_utf8 EUC_JIS_2004 UTF8
utf8_to_euc_jis_2004 UTF8 EUC_JIS_2004
shift_jis_2004_to_utf8 SHIFT_JIS_2004 UTF8
utf8_to_shift_jis_2004 UTF8 SHIFT_JIS_2004
euc_jis_2004_to_shift_jis_2004 EUC_JIS_2004 SHIFT_JIS_2004
shift_jis_2004_to_euc_jis_2004 SHIFT_JIS_2004 EUC_JIS_2004
注意:
a. 変換名は、標準命名体系に従っています。変換元符号化方式の公式名の内、英数字以外の文字をアンダースコアで置き換え、その後に _to_ を付け、そして変換先符号化方式名を同様に処理したものを続けたものです。したがって、これらの名称は慣習的なコード名とは異なる可能性があります。

9.4.1. format

関数 format は、C関数の sprintf 同様の形式で、format文字列に従ってフォーマットされた出力を生成します。


format
(
formatstr
 
text
 [, 
formatarg
 
"any"
 [, ...] ])

formatstr は結果がどのようにフォーマットされるかを指定するformat文字列です。 format specifiers が使用されている以外、format文字列のテキストは結果に直接こーピーされます。 引き続く関数の引数がどのようにフォーマットされなければならないか、そして結果に挿入されるべきかを定義して、format指示子は文字列の中で代替物のように振舞います。 それぞれの formatarg 引数はそのデータ型にたいする通常の出力規定に従ってテキストに変換され、その後format指示子に従いフォーマットされ、結果文字列に挿入されます。

format指示子は % 文字で導入され、以下の形式です。

%[

position

][

flags

][

width

]

type

ここで要素フィールドとは以下になっています。

position (任意)

形式 n $ の文字列で、 n は出力する引数のインデックスです。 インデックス1は formatstr の後の最初の引数です。 position が省略されると、一連の中の次の引数がデフォルトとして使用されます。

flags (任意)

format指示子の出力がフォーマットされるかを制御する追加の任意の要素です。 現在、サポートされているflagはマイナス記号( - )のみで、format指示子の出力が左詰めになるようにします。 これは width フィールドが同時に指定されていない場合効果はありません。

width (任意)

format指示子の出力を表示する minimum 文字数を指定します。 出力は( - flagによって)幅を満たすのに必要な空白が左または右に埋め込まれます。 余りにも小さな幅は出力の切り取りに効果を及ぼさず、単に無視されます。 幅は次のいずれかでも指定できます。 それらは、正の整数、幅としての次の関数引数として使用する星印 ( * )、または n thの関数引数を幅として使用するform * n $ 文字列です。

幅が関数引数に起因される場合、その引数はformat指示子の値に使用される引数より先に消費されます。 幅の引数が負の場合、フィールド長 abs ( width )の範囲内で結果は(あたかも - flagが指定されたように)左詰めになります。

type (必須)

format指示子の出力を生成するのに使用されるフォーマット変換の型。 以下の型がサポートされています。

  • s は引数の値を単純文字列にフォーマットします。 NULL値は空文字列として扱われます。

  • I は、必要とされれば二重括弧で括られたSQL識別子として引数値を取り扱います。 NULL値はエラーです。

  • L は引数値をSQLリテラルとして引用します。NULL値は引用符無しで NULL 文字列として表示されます。

上記で説明したformat指示子に加え、特別の並びの %% がリテラル % 文字を出力するために使用することもできます。

基本的なformat変換の例を幾つか下記に紹介します。

SELECT format('Hello %s', 'World');

Result: 

Hello World


SELECT format('Testing %s, %s, %s, %%', 'one', 'two', 'three');

Result: 

Testing one, two, three, %


SELECT format('INSERT INTO %I VALUES(%L)', 'Foo bar', E'O\'Reilly');

Result: 

INSERT INTO "Foo bar" VALUES('O''Reilly')


SELECT format('INSERT INTO %I VALUES(%L)', 'locations', E'C:\\Program Files');

Result: 

INSERT INTO locations VALUES(E'C:\\Program Files')

width フィールドと - flagを使用した例は以下のようです。

SELECT format('|%10s|', 'foo');

Result: 

|       foo|


SELECT format('|%-10s|', 'foo');

Result: 

|foo       |


SELECT format('|%*s|', 10, 'foo');

Result: 

|       foo|


SELECT format('|%*s|', -10, 'foo');

Result: 

|foo       |


SELECT format('|%-*s|', 10, 'foo');

Result: 

|foo       |


SELECT format('|%-*s|', -10, 'foo');

Result: 

|foo       |

These examples show use of position fields:

SELECT format('Testing %3$s, %2$s, %1$s', 'one', 'two', 'three');

Result: 

Testing three, two, one


SELECT format('|%*2$s|', 'foo', 10, 'bar');

Result: 

|       bar|


SELECT format('|%1$*2$s|', 'foo', 10, 'bar');

Result: 

|       foo|

標準C関数 sprintf とは違って、 PostgreSQL format 関数はformat指示子に対し、同一のformat文字列の中で position フィールドがあっても無くっても問題としません。 position フィールドが無いformat指示子は常に最終の引数が消費された後に次の引数を使用します。 さらに、 format 関数はformat文字列で使用されるべき全ての関数引数を要求しません。 例を示します。

SELECT format('Testing %3$s, %2$s, %s', 'one', 'two', 'three');

Result: 

Testing three, two, three

%I および %L のformat指示子は特に動的SQL命令を構築する場合に便利です。 例40-1 を参照してください。


powered by SEO.CUG.NET