無料スクリプト配布のPHP.TO   PHPの実用的なtips PHPマニュアル MySQLマニュアル Apacheマニュアル PostgreSQLマニュアル マニュアル検索    

第 8章データ型

目次
8.1. 数値データ型
8.1.1. 整数データ型
8.1.2. 任意の精度を持つ数
8.1.3. 浮動小数点データ型
8.1.4. 連番型
8.2. 通貨型
8.3. 文字型
8.4. バイナリ列データ型
8.4.1. bytea hex書式
8.4.2. bytea エスケープ書式
8.5. 日付/時刻データ型
8.5.1. 日付/時刻の入力
8.5.2. 日付/時刻出力
8.5.3. 時間帯
8.5.4. 時間間隔入力
8.5.5. 時間間隔出力
8.6. 論理値データ型
8.7. 列挙型
8.7.1. 列挙型の宣言
8.7.2. 順序
8.7.3. 型の安全性
8.7.4. 実装の詳細
8.8. 幾何データ型
8.8.1. 座標点
8.8.2. 線分
8.8.3. 矩形
8.8.4. 経路
8.8.5. 多角形
8.8.6.
8.9. ネットワークアドレス型
8.9.1. inet
8.9.2. cidr
8.9.3. inet cidr データ型の違い
8.9.4. macaddr
8.10. ビット列データ型
8.11. テキスト検索に関する型
8.11.1. tsvector
8.11.2. tsquery
8.12. UUID
8.13. XML
8.13.1. XML値の作成
8.13.2. 符号化方式の取扱い
8.13.3. XML値へのアクセス
8.14. JSON データ型
8.15. 配列
8.15.1. 配列型の宣言
8.15.2. 配列の値の入力
8.15.3. 配列へのアクセス
8.15.4. 配列の変更
8.15.5. 配列内の検索
8.15.6. 配列の入出力構文
8.16. 複合型
8.16.1. 複合型の宣言
8.16.2. 複合型の値の入力
8.16.3. 複合型へのアクセス
8.16.4. 複合型の変更
8.16.5. 複合型の入出力構文
8.17. 範囲型
8.17.1. 組み込みの範囲型
8.17.2.
8.17.3. 閉じた境界と開いた境界
8.17.4. 無限の(境界のない)範囲
8.17.5. 範囲の入出力
8.17.6. 範囲の生成
8.17.7. 離散的な範囲型
8.17.8. 新しい範囲型の定義
8.17.9. インデックス
8.17.10. 範囲の制約
8.18. オブジェクト識別子データ型
8.19. 疑似データ型

PostgreSQL にはユーザが使用可能な豊富なデータ型が始めから備わっています。 CREATE TYPE コマンドで PostgreSQL に対し新しいデータ型を追加できます。

表8-1 に組み込みの汎用データ型をすべて示します。 "別名" 欄に列挙された代替名称のほとんどは、歴史的な理由により PostgreSQL の内部で使用されている名前です。 他にも、内部で使用されるデータ型、削除予定のデータ型もありますが、ここにはリストされていません。

表 8-1. データ型

名称 別名 説明
bigint int8 8バイト符号付き整数
bigserial serial8 自動増分8バイト整数
bit [ ( n ) ]   固定長ビット列
bit varying [ ( n ) ] varbit 可変長ビット列
boolean bool 論理値(真/偽)
box   平面上の矩形
bytea   バイナリデータ( "バイトの配列(byte array)"
character varying [ ( n ) ] varchar [ ( n ) ] 可変長文字列
character [ ( n ) ] char [ ( n ) ] 固定長文字列
cidr   IPv4もしくはIPv6ネットワークアドレス
circle   平面上の円
date   暦の日付(年月日)
double precision float8 倍精度浮動小数点(8バイト)
inet   IPv4もしくはIPv6ホストアドレス
integer int , int4 4バイト符号付き整数
interval [ fields ] [ ( p ) ]   時間間隔
json   JSONデータ
line   平面上の無限直線
lseg   平面上の線分
macaddr   MAC(メディアアクセスコントロール)アドレス
money   貨幣金額
numeric [ ( p , s ) ] decimal [ ( p , s ) ] 精度の選択可能な高精度数値
path   平面上の幾何学的経路
point   平面上の幾何学的点
polygon   平面上の閉じた幾何学的経路
real float4 単精度浮動小数点(4バイト)
smallint int2 2バイト符号付き整数
smallserial serial2 自動増分2バイト整数
serial serial4 自動増分4バイト整数
text   可変長文字列
time [ ( p ) ] [ without time zone ]   時刻(時間帯なし)
time [ ( p ) ] with time zone timetz 時間帯付き時刻
timestamp [ ( p ) ] [ without time zone ]   日付と時刻(時間帯なし)
timestamp [ ( p ) ] with time zone timestamptz 時間帯付き日付と時刻
tsquery   テキスト検索問い合わせ
tsvector   テキスト検索文書
txid_snapshot   ユーザレベルのトランザクションIDスナップショット
uuid   汎用一意識別子
xml   XMLデータ

互換性: 次に挙げるデータ型(あるいはその綴り方)は SQL で規定されています。 bigint bit bit varying boolean char character varying character varchar date double precision integer interval numeric decimal real smallint time (時間帯付き、なしの両方)、 timestamp (時間帯付き、なしの両方)、 xml

それぞれのデータ型はそのデータ型の入出力関数で決定される外部表現を保有しています。 組み込みデータ型の多くには、はっきりとした外部書式があります。 とは言っても、経路のような PostgreSQL に特有な型や、あるいは、日付や時刻データ型のように書式を複数選択できる型が多くあります。 一部の入出力関数は転置することができません。 つまり、出力関数による結果は最初の入力と比較した場合精度を失う可能性があります。


powered by SEO.CUG.NET