無料スクリプト配布のPHP.TO   PHPの実用的なtips PHPマニュアル MySQLマニュアル Apacheマニュアル PostgreSQLマニュアル マニュアル検索    

8.6. 論理値データ型

PostgreSQL では、標準 SQL boolean 型が提供されています。 表8-19 を参照してください。 boolean 型はいくつかの状態を取ることができます。 "真" もしくは "偽" 、そして第3の状態は SQL ではNULL値で表現される "不明" の状態です。

表 8-19. 論理値データ型

名前 格納サイズ 説明
boolean 1バイト 真または偽の状態

"真" 状態に対する有効なリテラル値には次のものがあります。

TRUE
't'
'true'
'y'
'yes'
'on'
'1'

"偽" 状態に対する有効なリテラル値には次のものがあります。

FALSE
'f'
'false'
'n'
'no'
'off'
'0'

先頭または末尾の空白文字は無視され、大文字小文字の区別は関係ありません。 TRUE キーワードと FALSE キーワードは( SQL 互換の)推奨の使用法です。

例8-2 は、 boolean 値の出力に t および f という文字が使用されることを示しています。

例 8-2. boolean 型を使って

CREATE TABLE test1 (a boolean, b text);
INSERT INTO test1 VALUES (TRUE, 'sic est');
INSERT INTO test1 VALUES (FALSE, 'non est');
SELECT * FROM test1;
 a |    b
---+---------
 t | sic est
 f | non est

SELECT * FROM test1 WHERE a;
 a |    b
---+---------
 t | sic est

powered by SEO.CUG.NET