無料スクリプト配布のPHP.TO   PHPの実用的なtips PHPマニュアル MySQLマニュアル Apacheマニュアル PostgreSQLマニュアル マニュアル検索    

47.39. pg_seclabel

pg_seclabel カタログにはデータベースオブジェクト上のセキュリティラベルが格納されます。 セキュリティラベルは SECURITY LABEL コマンドを用いて操作することができます。 セキュリティラベルを閲覧するより簡単な方法については 項47.65 を参照してください。

pg_shseclabel を参照してください。 これは、データベースクラスタ間で共有されたデータベースオブジェクトにおけるセキュリティラベルのための類似した機能を提供します。

表 47-39. pg_seclabel の列

名前 参照先 説明
objoid oid 任意のOID列 このセキュリティラベルが付属するオブジェクトのOID
classoid oid pg_class .oid このオブジェクトが出現するシステムカタログのOID
objsubid int4   テーブル列上のセキュリティラベルでは、これは列番号です( objoid および classoid はテーブル自身を参照します)。 他のすべての種類のオブジェクトでは、この列はゼロです。
provider text   このラベルに関連付いたラベルプロバイダです。
label text   このオブジェクトに適用されるセキュリティラベルです。

powered by SEO.CUG.NET