無料スクリプト配布のPHP.TO   PHPの実用的なtips PHPマニュアル MySQLマニュアル Apacheマニュアル PostgreSQLマニュアル マニュアル検索    

pg_config

名前

pg_config -- インストールした PostgreSQL バージョンの情報を提供する

概要

pg_config [ option ...]

説明

pg_config ユーティリティは、現在インストールしているバージョンの PostgreSQL の設定パラメータを表示します。 これは、例えば PostgreSQL とのインタフェースを持つソフトウェアパッケージが必要なヘッダファイルやライブラリを容易に検出できるように用意されたものです。

オプション

pg_config を使用するためには、以下のオプションを1つ以上指定します。

--bindir

ユーザコマンドの場所を表示します。 例えば、 psql プログラムを検索するために使用します。 これは通常、 pg_config プログラムが存在するディレクトリでもあります。

--docdir

文書ファイルの場所を表示します

--htmldir

HTML文書ファイルの場所を表示します。

--includedir

クライアントインタフェースのCヘッダファイルの場所を表示します。

--pkgincludedir

その他のCヘッダファイルの場所を表示します。

--includedir-server

サーバプログラム作成用のCヘッダファイルの場所を表示します。

--libdir

オブジェクトコードライブラリのディレクトリを表示します。

--pkglibdir

動的ローディング可能なモジュールの場所(この場所をサーバが検索します。 このディレクトリには、アーキテクチャに依存する他のデータファイルも存在する可能性があります)。

--localedir

ロケールサポートファイルの場所を表示します ( PostgreSQL をロケールサポートなしで構築した場合は空文字列となります)。

--mandir

マニュアルページの場所を表示します。

--sharedir

アーキテクチャ非依存のサポートファイルの場所を表示します。

--sysconfdir

システム全体の設定ファイルの場所を表示します。

--pgxs

拡張用Makefileの場所を表示します。

--configure

PostgreSQL を構築する時に configure スクリプトに与えたオプションを表示します。 まったく同じ構築条件で PostgreSQL を再作成する時、あるいは、バイナリパッケージの構築時のオプションを知りたい時に有益です (バイナリパッケージには、ベンダ特有のカスタムパッチが含まれていることが多いので注意してください)。 後述の例も参照してください。

--cc

PostgreSQL の構築時に使用された CC 変数の値を表示します。 使用したCコンパイラが表示されます。

--cppflags

PostgreSQL の構築時に使用された CPPFLAGS 変数の値を表示します。 事前処理時に必要としたCコンパイラのスイッチが表示されます。 (通常は -I スイッチです。)

--cflags

PostgreSQL の構築時に使用された CFLAGS 変数の値を表示します。 Cコンパイラスイッチが表示されます。

--cflags_sl

PostgreSQL の構築時に使用された CFLAGS_SL 変数の値を表示します。 共有ライブラリの構築に使用されたCコンパイラスイッチが表示されます。

--ldflags

PostgreSQL の構築時に使用された LDFLAGS 変数の値を表示します。 リンカスイッチが表示されます。

--ldflags_ex

PostgreSQL の構築時に使用された LDFLAGS_EX 変数の値を表示します。 実行ファイルの構築のみに使用されたリンカスイッチが表示されます。

--ldflags_sl

PostgreSQL の構築時に使用された LDFLAGS_SL 変数の値を表示します。 共有ライブラリの構築のみに使用されたリンカスイッチが表示されます。

--libs

PostgreSQL の構築時に使用された LIBS 変数の値を表示します。 これには通常、 PostgreSQL にリンクする外部ライブラリ用の -l スイッチが含まれます。

--version

PostgreSQL のバージョンを表示します。

-?
--help

pg_config コマンドライン引数に関する説明を表示し、終了します。

1つ以上のオプションが与えられた場合、指定したオプションの順番に従って1行ずつ情報を表示します。 オプションがない場合、すべての利用可能な情報をラベル付きで表示します。

注釈

--includedir-server オプションは PostgreSQL 7.2で新しく導入されました。 それまでのリリースでは、サーバ向けのインクルードファイルは、 --includedir オプションで表示されるクライアント向けのヘッダと同じ場所にありました。 どちらの場合でも対応できるようなパッケージにするには、まず新しいオプションを実行して、その終了ステータスを検査して成功したかどうかを確認してください。

オプション --docdir --pkgincludedir --localedir --mandir --sharedir --sysconfdir --cc --cppflags --cflags --cflags_sl --ldflags --ldflags_sl --libs PostgreSQL 8.1から追加されました。 オプション --htmldir PostgreSQL 8.4で追加されました。 オプション --ldflags_ex PostgreSQL 9.0で追加されました。

pg_config が存在しない、 PostgreSQL 7.1より前のバージョンでは、同様の設定情報を検索する方法はありませんでした。

使用中のPostgreSQLインストレーションの構築時の設定を再生成するには、以下のコマンドを実行します。

eval ./configure `pg_config --configure`

pg_config --configure の出力にはシェルの引用符が含まれますので、空白を含む引数も正しく表現することができます。 したがって、正しく動作させるためには eval が必要です。


powered by SEO.CUG.NET